松岡ちひろの明日があるさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民健康保険府内統一について緊急要望書提出!

<<   作成日時 : 2017/08/09 22:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年8月9日(水)

今日も暑い一日でしたね。

今朝は、コーンフレークの朝食で

くずは駅前朝の宣伝にでかけた松岡

何人かの方から

「暑いから、日陰にいったら?」と心配して声をかけてもらいながらも

暑いのは出勤のみなさんも同じだしね・・・と我慢しながら

朝日をあび宣伝をしていたんですが

40分経過後「クラっと」来てこれは倒れたら大変と

日陰に入らせてもらいましたよ・・・・ほんとに朝から暑かったです。

もっとスタミナのつく朝食で行かないとだめだね!


さて今日は、府下日本共産党市議そろって

大阪府に対して

国保府内統一についての緊急要望書の提出を行いました。

写真は、近畿ブロック比例として国会におくってもらった

堀内照文衆議院議員(写真左)

堀内衆議院議員も緊急要望書提出に参加

提出前に国会での統一化問題の質疑の内容など説明をして頂いているところです。

画像



要望は、もちろん国保が府下統一化になれば、現在実施されている市独自の減免や保険料率を

できなくなってしまうので、このことを中心に8項目を提出しました。


実は、来年4月から、国保は府下統一保険でと進めている大阪府ですが、

枚方市自身も「まだ詳しいことはわからない」という状況です。

こんな状況に私たち議員団でもなかなか市民のみなさんにお知らせができないままできました。

世帯収入によって異なりますが、枚方市では市民の暮らしを考慮し

「保険料」は府下全体の比較でいえば抑えられています。

減免も独自で実施をしています。

これは長年の努力の積みあげでもあります。

ですので府下統一保険が実施されると、

大幅な保険料引き上げ、制度改悪となってしまうのです(数年は激変緩和がされる)

「これでは、これまで各自治体独自で、自治体の実態にあわせて

議論しながら、定められてきた国保料がすべてなしになってしまう」

と同じように、積み上げられてきた各自治体で、多くの党議員から発言が出ていました。


安倍政権のおっしゃる通り!と進めたい大阪府

府下統一し、市町村独自減免や独自での法定外繰り入れも認めないというあり方は

全国的にも例をみないひどさです。


国保の保険料決定権は各市町村に権限がある

市町村独自の法定外繰り入れは法的にもできる

こうしたことは、府の担当部長も課長も認めながらも

「目安」であるガイドラインが示すまま、府下統一保険を進めようとしています。


結局、府の担当部長・課長も

国保料算定基礎とされる、医療費水準及び所得水準がそれぞれの自治体で異なることを無視し

府下統一の保険料となる矛盾には明確に回答できないままでした。

「自治体で、医療費水準を下げるために、市民の健康維持の努力をしても

それを保険料に反映できない。努力がいかされない!」

もっともの意見


それにしても府の担当職員さんの態度には残念でした。

大体、これまで国保料決定権は各市町村にあり

市町村担当部署は窓口でも市民の厳しい暮らしを直接聞いてきました。

こうした市民の暮らしの実態を直接機会もなかったような府の職員の方に

一体、どれだけ市民の大変な状況を理解しながら

進めているんだろうか・・・とほんと!悲しかったです。

今後も、府下議員団そろって、府下統一は認めない!がんばります


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国民健康保険府内統一について緊急要望書提出! 松岡ちひろの明日があるさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる